Catarog

03-5337-8798

  • HOME
  • SERVICE
  • カタログ制作・デザイン創作専科

カタログ制作・デザイン創作専科

人と人繋ぐ為のカタログデザイン。

カタログ制作するにあたり、使用目的を明確にすることによって、カタログの制作ポイントが明確になります。カタログは事業の商品説明するためのツールとして使用する商品カタログなど多種多様なカタログがあります。
使用目的が明確になってカタログ制作の目的が明確になります。カタログは様々な種類があり、人と人繋ぐ重要な役目をしている。
ブランディングを踏襲したデザインで自由な発想のコンセプトで作成するカタログや、素材や作り手の顔を見せることで安心感や信頼感を与える食にまつわるカタログなど、あらゆる方法で差別化が図られ、商品の魅力を引き出すカタログのデザイン創作をしています。

カタログデザイン・制作実例

画像クリックすると詳細確認できます。

Design Works

本質を引き出しどう伝えるか

  • ヒアリングヒアリング
  • プランニングプランニング
  • 試行錯誤試行錯誤
  • 分析・リサーチ分析・リサーチ

カタログデザイン・制作ポイント

ページ構成のポイント

プロローグ
導入部分の商品イメージや理念を伝えるページ。カタログの第一印象を決定する場合が多い重要ページ。
商品にふさわしいデザイン性の工夫をする事がポイント。

商品説明
商品のインフォメーションを伝える、カタログの最も読者に訴求する部分。商品の特徴を正確に分かりやすく伝える事が重要。

スペック
商品の持つ機能や性能など基本的仕様をまとめて伝えるページ。商品を比較検討して購入する際の重要なポイントとなる。
色やサイズ、品番などが目で分かるような工夫が必要。

バリエーション
色、仕様、シリーズなどのバリエーションを紹介。バリエーションが異なる商品に合ったデザインをするために、
ページを別にもうけたり、読み手が理解しやすいレイアウトで見せる。

図鑑
図で解説したページ写真より具体的に細かい部分まで説明でき、紙面に柔らかさもプラスできる。
商品輸入後のサービスまで考えられたカタログは、さらに付加価値が高まる。

仕様一覧
商品展開や仕様が多い場合、判別しやすいように一覧にまとめる。表組みにしたり色を変えて、大量の情報をすっきりと見せる。
必要な情報がすぐに見つけられるように工夫することが大切。

Inovation

Grow

Works
Works

カタログ制作の流れ

お問い合わせ
内容、スケジュール、ご予算など全てご相談ください。
当社より適切なアドバイスをいたします。
お見積提出
ご予算がお決まりの場合でもご相談ください。お見積調整致します。
ご希望があれば、事前にお伺いして、ご要望などを詳細にお聞きした後に、
お見積もりを提出いたします。
打ち合わせ
制作のための本格的な打ち合わせを行います。
コンセプトと全体構成をするために詳細なヒヤリングいたします。
企画
全体のラフデザイン構成 提出いたします。
表紙のデザイン案・3案提出。
内容のご確認。
レイアウト・ラフデザイン
全体のレイアウト・デザイン案提出いたします。
内容の確認後、デザイン構成確定
取材・写真素材手配・撮影
原稿取材から原稿の作成・写真撮影。
レンタルフォトの選考手配。
※素材が全てそろっている場合は時間短縮になります。
校正・修正
校正と修正作業をして完成品に近づける。
デザイン完成
数回の校正と修正作業をして完成。
印刷
色校正から印刷。
納品
指定場所に納品。
Works

Works

Works